御浜岬の美しい海岸の風景と季節の花

 伊豆の戸田。天然の良港としても有名で、また釣りを楽しむ人も多く訪れる戸田港。その戸田港の形成に一役買っている御浜岬。穏やかな湾を囲むように弓なりな御浜岬が横たわり、その美しい景観は観る者の心を惹きつけます。

≪ 目次 ≫

  • 御浜岬の美しい海岸線と諸口神社の鳥居
  • 御浜岬アクセス
  • 紫陽花とスカシユリの群生する遊歩道をゆるりとお散歩
  • 参考情報

御浜岬の美しい海岸線と諸口神社の鳥居

 今回は、美しい海岸線とスカシユリが群生する御浜岬をゆるりとお散歩した時の模様です。

 御浜岬は、良く晴れたお天気の良い日には、富士山も望むことができる絶景スポットとして知る人ぞ知るスポットではありますが、西伊豆の中にあって、若干アクセスが不便な部分もありますので、御浜岬の方をじっくり観光する人は意外と少ないのかもしれません。

 しかしながら、その美しい景観は充分に足を運んでみる価値のあるものだと思います。

 駐車場にバイクを停めて、御浜岬海水浴場の方に向かいます。海水浴場側は湾になっていますので、波が低く穏やかな海が特徴です。

 湾の対岸には戸田港を望むことができます。

 これはハマユウでしょうか。海岸の砂浜に白い花を咲かせています。

 美しい砂浜の海岸に沿って進んで行きますと、諸口神社があります。

 諸口神社は、航海と漁業の神様の橘姫命が祀られており、戸田港より漁に向かう漁船の多くが、海上の安全と大漁を祈願しながら神社の前を航行し湾を出てゆくとも言われています。

 その関係なのかどうかは解りませんが、海岸に赤い大きな鳥居があり、美しい透明な海と相まって、非常にフォトジェニックなスポットとなっております。

 湾の南の方から望遠で狙いますと、海岸に建つ赤い鳥居と雄大な富士山を写真に収めることもでき、撮影スポットとして密かな人気スポットにもなっています。

 鳥居の周辺は特に水が綺麗で、ここは沖縄の海か、と勘違いしてしまいそうな透明感で、特に良く晴れた日の午前中がお勧めの時間帯となります。

 諸口神社に参拝した後は、岬の先端に向けて海岸の堤防に沿ってぐるりと回ってゆく事ができます。

御浜岬アクセス

 御浜岬へは、近くに電車が走っていないこともあり、アクセスは自家用車などが便利かと思います。

 戸田の街から県道17号線より岬の方に逸れて行きますと岬の付け根の所に大きな駐車場が整備されています。

 静岡県沼津市戸田2710付近

 海の透明度を求めるのであれば、陽の高いお昼前の午前中がお勧めですが、御浜岬は夕日の大変美しい場所でもあります。

 夕日を狙うのでしたら当然夕方に訪れる事になりますが、戸田にアクセスする際に越える戸田峠や土肥方面に向かう海岸線は、夜になると街灯も少なく真っ暗なエリアで道も曲がりくねっておりますので、暗くなってからの運転には充分ご注意ください。

これぞ元祖つけめん!妥協のないスープに、甘・辛・酸の3つの味を加えたつけめん界頂点の味

紫陽花とスカシユリの群生する遊歩道をゆるりとお散歩

 さて、駐車場のある付近は、御浜岬公園として整備されており、平成7年には都市景観大賞を受賞しております。

 6月には、遊歩道沿いにはたくさんの紫陽花が咲き誇ります。

 一面に広がる紫陽花という雰囲気ではなく、どちらかと言うと遊歩道に沿って長く続くイメージで紫陽花が咲いています。

 紫陽花のスポットとしましては、有名という訳ではありませんが、充分に紫陽花の花を楽しむことができます。

 また、紫陽花とともにスカシユリも咲いています。

 スカシユリは御前崎なども有名ですが、御浜岬にも群生しております。

 スカシユリは花びらの根元に隙間があって向こう側が見えるので、スカシユリと名付けられたとも聞いています。

 緑の中に明るいいオレンジ色の花が上を見上げて咲いており、初夏の風を感じること間違いなしです。

 御浜岬は、釣りや海水浴だけでなく、季節に応じていろいろな楽しみができる自然豊かな岬で、年間を通して何度も訪れたいスポットです。

参考情報

 今回は、コロナウィルスの影響でまだまだ外を出歩くことのできる状況ではありませんので、過去画像の掘り起こしをしたものになります。

 2019.06.20に撮影したもので、記載の情報につきましては撮影当時の情報となりますので、ご理解の程お願い申し上げます。詳しい情報につきましては、関連施設のHPなどをご確認下さい。

撮影機材:SIGMA dp2

早春の小田原梅まつり 曽我梅林

 近年は河津桜など早咲きの桜が早春の風物詩となりつつある時代ですが、昔より春の訪れを感じるものとして梅の花が愛でられてきました。今回は、神奈川は小田原の梅林、曽我梅林をご紹介いたします。

《 目次 》

  • 小田原の枝垂れ梅の名所 瑞雲寺
  • 小田原梅まつりアクセス
  • 曽我の郷総鎮守 宗我神社
  • フォトジェニックスポットの曽我梅林別所会場
  • 参考情報

 

小田原の枝垂れ梅の名所 瑞雲寺

 2月の中旬、今年は暖冬の影響で各地の河津桜の開花が早く、例年よりも早い春の訪れを感じたものですが、同じ頃、春の訪れと言われて忘れてはならない梅の花。

 神奈川県の中でも有数の規模の梅林、曽我梅林をゆるりとお散歩してみました。

 曽我梅林と言いましても、広大なエリアで、梅まつりの会場が、中河原会場と別所会場に分かれています。

 まずは中河原会場の中の瑞雲寺を訪れます。

 瑞雲寺は、曹洞宗のお寺さんで、室町時代中期に創建された古刹ですが、お寺の周りには梅林が広がり、見頃には一面真っ白い梅の花で覆いつくされます。

 自分が訪れました時には、白梅の方は少々見頃を過ぎていた様子で少々残念な雰囲気ではありましたが、瑞雲寺の入り口付近にある枝垂れ梅が美しく、凛とした雰囲気を醸し出しています。

 瑞雲寺の鐘。奥には本堂を望むことができます。

 瑞雲寺の本堂は、関東大震災で壊滅し、その後再建されたものという事ですが、本堂は天井が高く、立派なお堂です。

 本堂から庭の方を望みますと、美しい松の向こう側、遠くに紅梅が咲いているのも認められます。

 瑞雲寺に参拝した後に、駐車場の近くのみかん畑の傍に河津桜が咲いています。

 雲がうっすらとかかる若干寒いお天気ですが、河津桜の方は伸びやかに満開を迎えております。

 

小田原梅まつりアクセス

 小田原梅まつり会場は、曽我梅林と小田原城址公園に分かれています。特に今回訪れました曽我梅林はエリアが広大で、曽我梅林の中でも別所会場と中河原会場に分かれています。

 先ほどご紹介いたしました中河原会場の瑞雲寺には駐車場もあり、車にてのアクセスも容易ですが、瑞雲寺周辺の道路は狭小ですので、運転には充分ご注意ください。

 神奈川県小田原市上曽我902付近

 公共交通機関では、JR御殿場線下曽我駅より徒歩15分ほどとなっております。

 また、別所会場の方はJR東海道本線国府津駅より富士急湘南バス下別所バス停下車徒歩1分にてもアクセスすることができます。

 別所会場に向かう場合は、小田原牧場アイス工房さんのすぐ近くに梅まつり駐車場がありますので、そこを目印に向かってゆくとよいと思われます。

 神奈川県小田原市曽我別所194-12付近

 神奈川県でも有数の曽我梅林には約35,000本の梅が春の訪れを告げてくれますが、早咲きの十郎から南高梅や枝垂れ梅など比較的長い期間にわたって観梅を楽しむことができます。

 

曽我の郷総鎮守 宗我神社

 さて、瑞雲寺で観梅と参拝の後は、梅まつりからは少々離れてしまいますが、宗我神社まで足を運びます。

 宗我神社は、曽我の郷の総鎮守と言われており、宗我都比古之命(そがつひこのみこと)が祀られている神社になります。

 正面の鳥居とその傍に大きな欅の木があります。

 狛犬と神殿です。

 鳥居のすぐ傍の正面の欅の木の他にも境内には大きな欅の木がありました。

 欅の木の上には、何やらクリクリっとしたものがたくさん付いています。どうやらヤドリギというものだそうです。

 ヤドリギは漢字では宿り木と書き、欅などの木に寄生する植物だそうで、西欧をはじめ様々な言い伝えもある植物で、パワーを感じてしまいます。

 これほどのたくさんのヤドリギは珍しいのではないでしょうか。

Ferrino(フェリーノ)
創業1870年登山ビッグブランド、日本上陸!

 

フォトジェニックスポットの曽我梅林別所会場

 宗我神社に参拝した後は、梅まつりに戻り、別所会場まで移動します。

 別所会場の駐車場の傍の梅林の中に河津桜も咲いており、ピンクの河津桜と白梅のコントラストが美しいです。

 実は、別所会場の付近はよく晴れた日には富士山も望むことができるスポットがあり、眼前に広がる白梅と遠くにそびえる富士山のコラボレーションを観ることのできるフォトジェニックスポットとしても有名です。

 この日は生憎、雲の多い霞がかったお天気で富士山は望むことができなかったのは、少々残念でありました。

 早咲きの十郎は、既に見頃を過ぎてしまっていた様でしたが、枝垂れ梅が満開になっており、妖艶な雰囲気を醸し出しておりました。

 こちらは白加賀でしょうか。小ぶりの花が可愛らしい。

 最後に、別所会場の近くの個人のお宅ではありますが、見事な枝垂れ梅が咲いていましたので、家の内部が写らないように注意しながら道路から一枚。

 よくお手入れのされた美しい枝垂れ梅でした。

 

参考情報

 今回は、データ不具合により一旦削除したものと同様の内容で再度投稿したものとなります。

 曽我梅林は、広大なエリアに広がる梅林で、梅園とは少々趣の異なる雰囲気を楽しむことができます。

 平たく言いますと、梅の畑がたくさん集まっているエリアです。少し高台の方まで行きますと、広大な梅林を見渡すことができ、時間の余裕がありましたら、ハイキングがてら丘陵の方まで散策するのもお勧めです。

 2020.02.19に撮影し、記載の内容につきましては撮影当時の情報となりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。詳しい情報につきましては、関連施設のHPなどをご確認下さい。

使用機材 : SIGMA dp1、SIGMA dp2