ニッポンの春、その辺の桜③ まつもと滝桜ほか

 岐阜県の薄墨桜、山梨県の神代桜と並び日本三大桜に数えられる福島県三春町の「三春の滝桜」。その三春の滝桜の子どもが神奈川県の中井町で育っており、美しい紅枝垂桜が長閑な丘で春の景色を奏でておりました。

≪ 目次 ≫

・三春の滝桜の子ども まつもと滝桜
・まつもと滝桜アクセス
・道すがらの春の景色
・参考情報

三春の滝桜の子ども まつもと滝桜

 実は以前より立派な枝垂れ桜があるなあ、と通りすがりに見て気にはなっていたのですが、なかなか立ち寄ることができずにいた場所ではありましたが、今回、秦野市内のソメイヨシノを観た後に、少し立ち寄らせていただきました。

 道路からは、少し高いところにありますので、道路を走っていても思わず目を奪われてしまう、その様な光景が突然広がります。

 先日、立ち寄らせていただいた時には、見頃を少し過ぎつつある頃合いではありましたが、非常に美しい枝垂れ桜で、存在感のある木でした。

 詳しい由来などは知らずに訪れてみた訳ですが、枝垂れ桜の傍には、あの「三春の滝桜」の子どもと書かれているではありませんか。地元神奈川で三春の滝桜の子どもが観られるなどとは、正直驚きを隠せませんでした。

 帰宅してからいろいろと調べてみますと、30年近く前に、三春の滝桜に感動した地域の方が何度も交渉し、滝桜の実生苗木(みしょうなえぎ)を譲っていただいて、この地で大切に育ててきたとの事です。

 やはり木々の存在感がどこかしら違うものを感じます。生命力に溢れていると申しますか。

 福島から遠く離れた神奈川の地で、10本の紅枝垂桜が春の景色を奏でておりました。

まつもと滝桜アクセス

 中井町の松本地域は、静かで長閑な地域で、アクセスに付きましては、車にてが便利かと思われます。車での移動でしたら、併せて中井中学校入口のソメイヨシノや中井中央公園でのお花見も予定に組み入れることができるようなロケーションとなります。

 神奈川県足柄上郡中井町松本416付近

道すがらの春の景色

 今回は中井町や秦野市内を何カ所か寄り道をさせていただきましたが、まつもと滝桜の周辺の道路脇に咲く桜を何枚かスナップで。

 気持ちの良い青空の広がる長閑な春を感じる風景です。

 決して絶景とは言いませんが、田舎の方に行くとよく見かける春の風景、ニッポンの春の景色とはこういうものだ、というイメージにピッタリの景色があちらこちらで観ることができます。

 大きくて重い一眼レフでは、気軽に道端に咲いている桜を撮ろうという気にはなりませんが、サッと出してサッと撮る事ができるコンデジであれば、お気軽に春の風景を切り取る事もできます。

 どこにでもある春の風景かもしれませんが、やはり桜はニッポンの心、桜を見ないと春を迎えられないという方も多いのではないでしょうか。

 この大木も毎年花を付けるのを楽しみにしている道端の名もない桜です。今年も立派に咲いてくれました。

遊び心を忘れない大人の輝きをクリスタライズにこめて・・・。ワンランク上のDECOSHOP DECO×CHU

参考情報

 今回も、前回投稿ブログに引き続き、バイク屋さんに向かう途中での、ちょっと寄り道をして道端に咲く桜を中心にチョイ撮りさせていただきました。

 昨今のウイルス感染拡大防止のための外出自粛、並びに緊急事態宣言。日本も大変な状況を迎えている中で、近場で行ける範囲で何カ所か桜スポットを紹介してきました。恐らく今年の観桜は今回で最後になると思われます。

 来年も無事に春を迎えられますように。そして来年も満開の桜がニッポンの春を告げてくれますように。

 2020.04.03に撮影し、記載の内容に付きましては、撮影当時の情報となりますので、ご理解の程お願い申しあげます。詳しい情報に付きましては、関連施設のHPなどをご確認下さい。

使用機材:富士フイルム X30

ニッポンの春、その辺の桜② 今泉名水桜公園ほか

 さて、用事のついでに立ち寄らせていただいた秦野市、折角秦野市まで来ましたので、市内にある今泉名水桜公園にも少し立ち寄らせていただきました。住宅地の中にある静かな公園で満開の桜をコンデジで切り取ってみました。

≪ 目次 ≫

・中井町から秦野市内へ移動
・今泉名水桜公園アクセス
・湧水と桜の公園 今泉名水桜公園
・参考情報

中井町から秦野市内へ移動

 さて、先日のブログ投稿では、中井中学校入口の満開の桜と、秦野市へ移動し、美しい桜団地の南が丘をご紹介しました。

 折角秦野市内まで来ましたので、南が丘団地からバイクで10分ほどの
所にある今泉名水桜公園に向かいます。

 公園の桜の前に、少しだけ道端に咲いていた桜の画像を。

 道路脇の民家のお宅に植えられている一本桜ですが、枝振りも良く堂々とした佇まいで毎年楽しみにしている桜のひとつです。

 ちょうど満開になっており、零れんばかりに花を付けています。

今泉名水桜公園アクセス

 今回の寄り道のメインスポットである今泉名水桜公園。

 アクセスとしましては、公共交通機関では、小田急小田原線秦野駅南口より徒歩6分ほどとなります。

 神奈川県秦野市今泉426-1付近

 身障者用駐車場3台、一般駐車場6台(9時から17時)、駐輪場も備えておりますので、車でのアクセスも可能となります。

 しかしながら、車でのアクセスの場合は少々注意点があります。駐車場が公園の北側と南側に分かれておりまして、北側は身障者用の専用駐車場となっております。一般の車は南側の駐車場となりますので、ご注意下さい。また付近は閑静な住宅地で、道路幅も狭い部分もありますので、くれぐれも運転にはご注意下さい。

 車でのアクセスは、サロンドアンザイさん奥(神奈川県秦野市今泉2095-10)となります。

本格紳士服専門店KOKUBO

湧水と桜の公園 今泉名水桜公園

 今泉名水桜公園は、秦野市制施行50周年を記念して2005年に公園として整備されましたが、園内には開花時期の異なる桜が18種類も植えられており、長い期間に渡ってお花見を楽しむ事ができます。

 市制50周年に因んで、50本の桜が植えられたそうです。

 駐輪場にバイクを停めて公園に入って行きます。

 決して広い公園という訳ではありませんが、あづまやもあり、向こうに満開のソメイヨシノが見えます。

 全国名水百選にも選ばれている秦野盆地湧水群。

 その湧水群の中でもトップクラスの一日2,500トンの湧水量を誇る今泉湧水池を中心として公園は整備されています。

 公園のソメイヨシノは満開を迎えておりました。

 湧水池に沿って遊歩道が整備され、早いところでは少し桜が散り始めていました。

 今泉名水桜公園は、建築家の安藤忠雄氏が桜と名水をコンセプトとした公園整備で大きく関わっていたとの事です。

 湧水池の東側にはウッドデッキがあり、その周辺には高さのある立派なソメイヨシノが咲き乱れており、圧巻の春景色を観ることができます。

 ウッドデッキからは富士山も望むことができる様ですが、生憎の春霞で富士山は観ることはできませんでした。

参考情報

 今回は、前回投稿ブログに引き続き、バイク屋さんに向かう途中での、ちょっと寄り道して、静かに咲く桜の様子を観てきました。

 2020.04.03に撮影し、記載の内容に付きましては、撮影当時の情報となりますので、ご理解の程お願い申しあげます。詳しい情報に付きましては関連施設のHPなどをご確認下さい。

使用機材:富士フイルム X30

ニッポンの春、その辺の桜① 南が丘団地ほか

 今回は用事のついでにちょっと立ち寄ってみた、あるいは道端の桜を撮ってみた、その様な感じでのスナップ撮影となります。どこにでも在りそうな日本の春の風景をコンデジで切り取ってみました。

≪ 目次 ≫

・中井中央公園入口付近の桜
・中井中央公園アクセス
・南が丘団地アクセス
・団地が桜団地と化すお花見シーズン
・参考情報

中井中央公園入口付近の桜

 中井中央公園は、河津桜やおかめ桜など様々な桜を楽しむことができるお花見スポットの穴場的存在ですが、時間の関係で公園内に立ち寄ることは今回は断念することにしましたが、実は、中井中央公園の直ぐ近くに中井中学校があり、中井中学校入口交差点付近も実は桜が綺麗なスポットとなっております。

 今回は、中井町の桜を道すがらに楽しませていただき、スナップ撮影させていただきました。

 中井中学校入口の桜は満開、ちょうど見頃を迎えております。

 交差点の対岸に、少し整備されたスペースがありそこの桜も満開になっております。

 桜の木の傍にバイクを停めて、記念撮影します。

 交差点の対岸から中井中学校の方を見渡しますと、中学校が少し丘の所にありますので、中学校への坂に沿って桜が植えられており、高さを感じる満開の桜に感動します。

 来年はぜひ中井中央公園のソメイヨシノとその入口の中井中学校付近の桜を併せて楽しみたいところです。

 交差点の信号の袂にある満開の桜。枝振りも立派で見事な咲きっぷりです。

 勿論この付近は観光地でも何でもありませんので、看板や電線など生活感溢れる景色となってしまいますが、芸術的な写真に拘る方でなければ、充分に楽しむことができ、綺麗なのは間違いありません。

セサミオイルベースの自然派スキンケア・ヘッドケア商品

中井中央公園アクセス

 基本的には、中井中学校入口交差点付近の桜を楽しむ場合でも、車の場合は中井中央公園の駐車場を利用させてもらうのが賢明かと思われます。

 交差点付近は、比較的交通量もある道路ですので付近の状況に充分ご注意下さい。

 神奈川県足柄上郡中井町比奈窪580付近

 公共交通機関の場合は、JR東海道線二宮駅もしくは小田急小田原線秦野駅より神奈中バスにて比奈窪行き、比奈窪もしくは中井中学校前で下車。

南が丘団地アクセス

 中井中学校付近で桜を楽しんだ後は、秦野市に向かいます。秦野市の南が丘団地。それほど有名ではありませんが、桜が美しい団地です。

 神奈川県秦野市南が丘3-1付近

 公共交通機関では、小田急小田原線秦野駅より神奈中バスで南が丘公園前行き10分ほど南が丘センター下車となります。

団地が桜団地と化すお花見シーズン

 実は、秦野市はお花見シーズンになりますと、街中に桜が溢れる桜の街となっております。

 特に、6.2km続くとも言われておりますはだの桜みちや、水無川沿いの桜並木など市内にはお花見スポットが数多く点在しております。

 秦野市の中で比較的静かにお花見を楽しむ事ができる南が丘団地に向かいます。

 団地ですので住宅地です。ワイワイ騒ぐお花見ではなく、静かに散歩したりのんびりと楽しむお花見スポットとなっております。

 基本的には南が丘団地のメインストリート沿いとなりますが、北側に向かって丘を下って行きますと、はだの桜みちに行くこともできます。

 これはメインストリートの端のエリアで、車道に出ずにカーブを利用して歩道より撮影。バイクは近くの駐輪スペースに停めさせていただきました。

 南が丘団地の中心となる南が丘センター前の的橋に向かいます。

 メインストリートの両側に満開の桜が静かな春を告げてくれています。

 バス停の後ろの階段を上り、的橋を渡ります。

 的橋は、メインストリートを跨ぐ歩行者専用の橋で、橋の上からも桜を楽しむことができます。

 先ほど歩いてみましたメインストリートを的橋から見下ろしてみます。メインストリートに覆い被さるようにソメイヨシノが咲き乱れております。

 今度は的橋の反対側からメインストリートを見下ろしてみます。こちらも交差点に覆い被さるように咲き乱れておりますが、先ほどよりも圧倒的に咲いております。

 少し引いて交差点を広角で撮影してみますと、満開の桜のボリューム感をお分かり頂けますでしょうか。

 幾重にも重なる桜の木々、そして雲一つない快晴。観光地ではない静かな団地ですので、比較的出歩いている人も少ないエリアで、静かにお花見を楽しむことができます。

参考情報

 今回は、バイク屋さんに少し用事があり、ツーリングという程ではないにしろ、バイクで移動し、途中寄り道をしながら、少し桜の様子を見てきました。しっかりお花見をするという感覚ではなくて、ちょっとついでに寄ってみた感じ、また道端に咲いている桜などもスナップしてみました。

 2020.04.03に撮影し、記載の内容につきましては撮影当時の情報となりますので、ご理解のほどお願い申しあげます。詳しい情報に付きましては関連施設のHPなどをご確認ください。

使用機材:富士フイルム X30

横浜西方寺の茅葺きのお堂と参道に咲く中日桜

 お彼岸の頃に咲くことから中日桜と名付けられた西方寺の桜。茅葺きのお堂を背にその参道に満開の中日桜で一足早い春の風景を楽しんできました。

≪ 目次 ≫

・茅葺きのお堂が美しい西方寺
・西方寺アクセス
・お彼岸の頃に咲く西方寺の中日桜
・参考情報

茅葺きのお堂が美しい西方寺

 西方寺の中日桜が見頃を迎えたとの事で、横浜は西方寺に参拝してきました。

 西方寺は元々は鎌倉に約800年前に創建されたとのことですが、500年ほど前に現在の地に移ってきたとの事です。

 歴史ある古刹ではありますが、横浜の都会の中にあり、交通量の比較的多い道路から参道に入りますと、都会の喧噪が嘘のように、ひっそりとした静かな空間が保たれています。

 西方寺の特筆すべきは、山門や本堂などに観られる美しい茅葺き屋根のお堂。

 ここは本当に横浜ですか、と思ってしまうような都会の異空間に迷い込んだような感覚になってしまいます。

 境内が特別広い訳ではありませんが、山門や本堂、鐘楼は美しい茅葺き屋根が保たれております。

 山門、本堂、鐘楼は、江戸時代に建てられたもので、横浜市の指定文化財にも指定されています。

 今回は、参道の中日桜が目的ではありますが、境内には所狭しと椿など色々な花が咲いており、境内に花を添えています。

 また、秋には曼珠沙華の有名なお寺さんでもあります。

西方寺アクセス

 西方寺には参拝者用の無料駐車場がありますので、車でもアクセスは容易です。

 神奈川県横浜市港北区新羽町2586付近

 公共交通機関では、市営地下鉄ブルーライン新羽駅より徒歩5分ほどとなっております。

お彼岸の頃に咲く西方寺の中日桜

 順番が前後し、タイムライン的には後からの振り返りになってしまいますことをご了承下さい。

 お寺さんですので、まずは参拝をすませまして、山門を振り返りますと、参道の満開の中日桜が見守ってくれております。

 決して本数が多い何キロも続く桜並木という訳ではありませんが、参道に寄り添うように咲く桜は、参拝者を歓迎してくれているかの様です。

 満開のピークが少し過ぎそうなタイミングで、風が吹くと少し花びらが舞う、日本の春の風情を感じるシーンでした。

 中日桜は、桜の品種としてはよく解っていなくて、お彼岸の頃に咲くことから、中日桜と呼ばれるようになったそうです。

 今年は折からの暖冬で、お彼岸よりも早く満開を迎えてしまいましたが、春らしいほのぼのとした景色を奏でてくれていました。

 参道の一番手前から、茅葺きの山門と本堂を望みますと、まるで映画のワンシーンの様な、美しいと言うよりも、素敵な春の空気感が溢れておりました。

参考情報

 今回は2020.03.09に撮影し、記載の内容に付きましては、撮影当時の情報となりますのでご理解のほどお願い申しあげます。詳しい情報は関連施設のHPなどをご確認下さい。

 今回の内容に付きましては、以前にも投稿しました内容と同様ではございますが、サイト内の不具合などありまして、再度の投稿となりました事をご理解のほどお願い申しあげます。

使用機材:SIGMA dp1、SIGMA dp2、富士フイルム X30

美しき横須賀等覚寺の樹齢100年の枝垂れ桜

 例年にも増して都内では桜の開花が進み、既に満開を迎えたとのニュースが聞こえてくる今日この頃ですが、身延山を始め各地の枝垂れ桜も続々と見頃を迎えつつあるようです。そこで、今回は横須賀は等覚寺の樹齢100年とも言われる枝垂れ桜の様子を観に行ってきました。

≪ 目次 ≫
・千住観音のお寺 等覚寺
・等覚寺アクセス
・美しき樹齢100年の枝垂れ桜
・参考情報

千住観音のお寺 等覚寺

 横須賀にある等覚寺は、天正12年、1584年に日大上人によって開山されたとのことですが、1584年と言いますと、秀吉と家康が直接対決をした小牧・長久手の戦いがあった頃かと思います。

 歴史ある古刹等覚寺ではありますが、身延山久遠寺の流れを汲むそうです。

 等覚寺には横須賀市指定文化財になっている千手観音菩薩が観音堂に安置されておりますが、ご開帳の日にちが限られていますので、残念ながら今回は拝観することはできませんでした。

 身延山久遠寺と言いますと、言わずと知れた枝垂れ桜の名所。その為では無いのでしょうが、等覚寺にも身延山に負けず劣らずの立派な枝垂れ桜があると聞き及びまして、今回初めて参拝をかねて拝観させて頂きました。

等覚寺アクセス

 等覚寺へは、横浜横須賀道路佐原インターより3kmほどでしょうか。等覚寺の近辺の道路は狭くまっておりますので運転にご注意下さい。

 神奈川県横須賀市久村479付近

 但し、駐車場が手狭なため基本的には檀家以外の一般の参拝者については、公共交通機関を利用する様にとの案内がHPに記載されています。

 公共交通機関利用の場合は久里浜駅より徒歩20分ほど。

美しき樹齢100年の枝垂れ桜

 等覚寺の境内は決して広いとは言えませんが、その門前には樹齢100年とも言われる枝垂れ桜があります。

 端正にして美しい。

 ここのところの暖かさでちょうど見頃を迎えておりました。

 枝垂れ桜は1本だけではありますが、左右に張った枝振りが見事で、狭い境内に目一杯に枝を伸ばしています。

 駐車場も無く、アクセスが良いとは決して言えませんが、名木らしく凛とした佇まいでひっそりと美しい花を付けています。

 門前の枝垂れ桜が見事なので、みなさん夢中で桜の写真を撮影している様です。

 自分はもちろん参拝させていただきます。本堂に参拝して振り返ってみると、見事な姿を見せてくれます。意外とこのアングルで撮影している方はあまり見たことがありませんので、撮影も結構ですが、お寺さんですので美しい桜を観れたことに感謝の気持ちで参拝も忘れずに行いましょう。

 ツツジでしょうか。枝垂れ桜を背に綺麗な花を付け始めています。

 枝垂れ桜はエドヒガンザクラの枝垂れ品種とも言われており、彼岸の頃に咲きソメイヨシノより少し早く咲くことが多い品種です。

 東京のソメイヨシノが満開というニュースが流れていますが、ソメイヨシノの前にお花見しておきたい枝垂れ桜の名木です。

参考情報

 今回は神奈川でもそろそろ枝垂れ桜が見頃ではないかと、横須賀の枝垂れ桜の名木を楽しんできました。
 2020.03.24に撮影し、記載の内容につきましては撮影当時の情報となりますので、ご理解のほどお願い申しあげます。

使用機材:SIGMA DP1、SIGMA DP2

尚、今回は一般向けの駐車場が無いとの事で歩いて15分ほどの場所にあるコインパーキングを利用しました。周辺地域のご迷惑にならないよう路上駐車は控えるようにしましょう。

タイムズ久里浜第7(コインパーキング):神奈川県横須賀市久里浜2-12付近

南足柄市ふくざわ公園の春めき桜

 先日は、春めき桜が見頃を迎えたとのことで、南足柄市周辺を何カ所か巡り、お花見を楽しんできました。
 今回は、田園の中に佇む公園ふくざわ公園を取り囲む様に咲いている春めき桜の様子をお届けします。

≪ 目次 ≫

・南足柄発祥の春めき桜
・ふくざわ公園アクセス
・なばな・春めき桜まつり
・田園の中の市民の憩いの場
・参考情報

 

南足柄発祥の春めき桜

 早咲きの桜と言いますと、やはり代表格は河津桜。その河津桜とソメイヨシノのちょうど中間くらいの時期に咲く春めき桜。

 卒業式の頃に咲く桜を、と南足柄市で生まれた春めき桜。寒緋桜と支那実桜の交雑種と言われており、開花間もない頃はピンクが濃く、開花が進むにつれて色が淡くなってゆく桜で、満開を迎える頃には、白をベースにして花びらの一部にほんのりピンク色が残っている可愛らしい桜です。

 春めき桜のお花見スポットとしましては、南足柄市の一の堰ハラネや幸せ道・春木径などが有名ですが、どこにでもありそうな公園に咲く桜、日本のどこにでもありそうな春の風景、それが他の場所よりも少々早い時期に楽しむことができる、その様な公園がふくざわ公園になります。

 

ふくざわ公園アクセス

 東名高速大井松田インターより車で20分ほどでしょうか、途中混み合う道路ではありませんので、ストレスなく向かうことができます。

 神奈川県南足柄市千津島1845付近

 しかしながら、基本的には駐車場がありませんので、公共交通機関での移動をお勧めいたします。

 大雄山駅よりバス10分まましたバス停より徒歩20分ほどの場所にあります。

なばな・春めき桜まつり

 なばな・春めき桜まつりと銘打って、3月14日(土)から15日(日)に開催される予定でしたが、折からのコロナウィルス感染拡大防止の為に、本年度の桜まつりは中止となってしまいました。

 

田園の中の市民の憩いの場

 ふくざわ公園の周辺は、南足柄市内でも比較的田んぼの多い地域で、田んぼに取り囲まれるように公園があります。

 田んぼ越しに観るふくざわ公園です。春めき桜も咲いています。

 桜の本数自体は、決して多くはありませんが、公園を取り囲むように春めき桜が植えられており、長閑な春の景色を奏でています。

 公園は、中央に広場があり、公園の一角には東屋もあり、市民の憩いの場となっております。

 公園の南側には、少し纏めて春めき桜が植えられており、満開の春めき桜が長閑な景色に花を添えています。

 決して絶景とは言えませんが、どこにでもありそうな春の景色、一足早い春めき桜の春を迎える景色は、のんびりお花見を楽しみたい方にはお勧めのお花見スポットかと思われます。

参考情報

 今回は、春めき桜のお花見を南足柄周辺で楽しんだ中でのふくざわ公園についてご紹介しました。

 2020.03.11に撮影し、記載の内容につきましては撮影当時の情報となりますので、ご理解のほどお願い申しあげます。詳しい情報は関連施設のHPなどをご確認下さい。

使用機材:SIGMA dp2

尚、今回投稿のブログにつきましては、以前にも同様のものを投稿しましたが、不正アクセスによるデータ改ざんが認められましたので、一旦データを削除し、再度同様の内容にて投稿したものになりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。